Information

HOME > Information > 05 治療と仕事の両立支援セミナー

Information

お知らせ

2020年12月25日

05 治療と仕事の両立支援セミナー

在宅医療を通じて、誰もが住み慣れた地域で、その人らしい暮らしができることを支援しております、

ユニバーサルグループ株式会社 在宅支援事業部です。

私は、国家資格キャリアコンサルタントとしても活動しております。

 

12月6日(日)「治療と仕事の両立支援」をテーマに掲げ、キャリアコンサルタント対象に、

オンラインセミナーを開催いたしました。

 

約80人のキャリアコンサルタントに参加いただき、社会保険労務士の森先生、

山内先生から制度の概要と実際の支援内容について、講演をいただきました。

またキャリアコンサルタントの松本先生と私より、支援ツールであるジョブカードと、

両立支援コーディネーターの役割についてお話させていただきました。

 

現在、厚生労働省は「島 耕作」をキャラクターに採用して、治療と仕事の両立支援を推進しています。

 

この背景となっている社会問題は、がんと診断された人の40%は

精神的なショックや治療に対する不安から、治療が開始される前に

離職してしまうため、収入がなくなり治療費が支払えなくなったり、

社会との繋がりが切れてしまったことで精神的に不安定になるなど、

治療においてマイナスの影響が出ていることです。

 

そこで「両立支援コーディネーター」というがん患者さんを支援する資格を作り、

がんになっても治療と仕事の両立ができるよう、企業側が働く患者に対して

サポートできる体制を整えることが期待されています。

がんは平成17年まで入院して治療を受けることが主でしたが、

17年以降は通院しながら治療を受けることが主となっています。

現在では、入院と通院の比率が2:3となっており、

多くの患者さんが通院により、在宅で治療を受けています。

 

岐阜市では、大学病院や市民病院などの基幹病院の中に

がん患者さんへの両立支援の相談窓口がありますが、

病院の外には残念ながらその機能を十分に果たす施設がありません。

 

そこで私どもユニバーサルグループでは、岐阜市内のグループ薬局において、

がん患者さんからご予約をいただければ、キャリアコンサルタントが

治療と仕事の両立支援について制度や助成金、企業と医療機関の

情報共有のための書類についてご説明させていただきます。

また一時的に通院が困難となり、在宅での治療になった場合でも、

薬剤師がご自宅へご訪問して薬剤の管理をさせていただきます。

 

日本に中小企業は400万社以上ありますが、両立支援コーディネーターは

目標の2,000人にすら達しておらず、まだまだ人数が足りません。

もしご自身やご家族ががんにかかり、お困りの場合には、

私どもユニバーサルグループの薬局へどうぞご相談ください。

 

 

<ユニバーサルグループ株式会社>
ー生きるを支える 夢を支えるー
株式会社ユニバーサルコーポレーション
・ハート調剤薬局 岐阜市長旗町2丁目10-1 ☎ 058-242-9822
・しま調剤薬局 岐阜市西中島7丁目5-12 ☎058-213-7730
・ライフ在宅支援薬局 岐阜市福光南町12-15 ☎ 058-231-1211
・千手堂薬局 岐阜市千手堂中町1-8 ☎ 058-253-1212
・ユウ薬局 岐阜市長良校前町4-8-3 ☎ 058-294-7791
・さるぼぼ薬局 下呂市萩原町羽根41-2 ☎0576-52-2134
・花池調剤薬局 下呂市萩原町花池19-6 ☎0576-52-3303
・ほんまち薬局 下呂市萩原町萩原1351-1 ☎0576-52-3730
・きらきら薬局 高山市七日町2-232-7 ☎0577-62-9182
・おんさい薬局 美濃加茂市西町5-337-2 ☎0574-49-7037
・土岐いずみ薬局 土岐市泉町久尻480-25 ☎0572-56-0170
・かじのき薬局 鹿児島県姶良市加治木町仮屋町2-1 ☎0995-73-7390
株式会社ファームコーポレーション
株式会社薬食同源研究所

・下呂萩原ICHIGOYA

アイコン

MENU

アイコン
アイコン

▶ユニバーサルコーポレーション キャリア診断

joinus
エントリー 募集要項 研修制度 福利厚生 職場環境 pagetop
  • ENTRY
  • メール