Information

HOME > Information > 18 学生実習① かかわり行動

Information

お知らせ

2021年3月4日

18 学生実習① かかわり行動

在宅医療を通じて、誰もが住み慣れた地域でのその人らしい暮らしを支援しております

ユニバーサルグループ株式会社 在宅支援事業部です。

2月下旬より、2021年度薬学実習が始まりました。

私が指導薬剤師として関わるのは数年ぶりとなりますが、以前と同様に初日はオリエンテーションの後、簡単なピッキングのトレーニングや、調剤業務を行いながら先輩薬剤師の服薬指導を見学してもらいました。

服薬指導は各薬剤師ごとにコミュニケーションスタイルがありますので、何人かの薬剤師の服薬指導を見てもらい、自分にあったスタイルを「真似る」ところから始めるのがよいと考えています。

(学ぶの語源は真似ると言われることもあるようです。)

 

そうして1週間ほど先輩薬剤師の服薬指導を見てもらってから、アイビィーのマイクロカウンセリングの「かかわり行動」について説明をします。合わせてメラビアンの法則も一緒に伝えます。最近の薬学生はメラビアンの法則はすでに知識として持っていますので、服薬指導においてどのように活用するか資料を見せながら、具体例とともに伝えていきます。

 

・身体言語(55%)

その場にふさわしい服装や姿勢、動作。表情、うなずき、相槌などで共感的態度を示すとともに、患者様の薬物療法に寄り添いたいという私たちの気持ちを理解してもらいます。

 

・声のトーンとペース(38%)

落ち着いたトーンで、ペースはTV局のアナウンサーの1秒間に5~6語を目安としますが、話すスピードと理解力は相関していると言われますので、患者様の話すペースに合わせて話すことを勧めています。

 

・言語的追跡(7%)

専門用語をできるだけ分かりやすい言葉にして伝えること、また患者様の使う言葉を使うこと(できれば方言も含めて)で、相手に届きやすくなることを経験と合わせて説明しています。

 

加えて視線のことを説明しています。一般的には「相手の目を見て話しなさい」と言われますが、コミュニケーションの中で目を合わせることを好む人と好まない人がいるので、患者様に合わせて使い分けることを勧めています。見分け方の目安は、まずは視線を合わせてみて、そらさずこちらを見てもらえる場合はそのまま視線を合わせて服薬指導を進めていきますが、目を伏せたり逸らしたりされる場合は積極的に合わせることを控えます。

(人によって内面を見られるようで拒否感が出るようです。)

 

先日参加した、実務実習に関する合同研修会では、できるだけ早い段階から学生に服薬指導の体験をさせてもらいたいとのことでしたので、2週目ぐらいから早速体験してもらおうと考えています。

「かかわり行動」を意識しながら、患者様お一人おひとりと、よい関係を築けるよう支援していきます。

 

 

 

<ユニバーサルグループ株式会社>
―生きるを支える 夢を支える―
株式会社ユニバーサルコーポレーション
・ハート調剤薬局 岐阜市長旗町2丁目10-1 ☎ 058-242-9822
・しま調剤薬局 岐阜市西中島7丁目5-12 ☎058-213-7730
・ライフ在宅支援薬局 岐阜市福光南町12-15 ☎ 058-231-1211
・千手堂薬局 岐阜市千手堂中町1-8 ☎ 058-253-1212
・ユウ薬局 岐阜市長良校前町4-8-3 ☎ 058-294-7791
・さるぼぼ薬局 下呂市萩原町羽根41-2 ☎0576-52-2134
・花池調剤薬局 下呂市萩原町花池19-6 ☎0576-52-3303
・ほんまち薬局 下呂市萩原町萩原1351-1 ☎0576-52-3730
・きらきら薬局 高山市七日町2-232-7 ☎0577-62-9182
・おんさい薬局 美濃加茂市西町5-337-2 ☎0574-49-7037
・土岐いずみ薬局 土岐市泉町久尻480-25 ☎0572-56-0170
・かじのき薬局 鹿児島県姶良市加治木町仮屋町2-1 ☎0995-73-7390
株式会社ファームコーポレーション
株式会社薬食同源研究所

・下呂萩原ICHIGOYA

アイコン

MENU

アイコン
アイコン

▶ユニバーサルコーポレーション キャリア診断

joinus
エントリー 募集要項 研修制度 福利厚生 職場環境 pagetop
  • ENTRY
  • メール