Information

HOME > Information > 53 コミュニケーションの本質

Information

お知らせ

2021年9月21日

53 コミュニケーションの本質

在宅医療を通じて、誰もが住み慣れた地域でのその人らしい暮らしを支援しております

ユニバーサルグループ株式会社 在宅支援事業部 薬剤師の長瀬です。

 

先日、在宅の患者さんにドライパウダー吸入器(dry powder inhaler;DPI)の喘息治療薬が処方されました。

DPIは使い慣れるまでに時間がかかることがあるため、ご家族にも同席してもらい、

患者さんに実際に吸入してもらいながら使い方の説明をさせていただきました。

 

吸入する力は非常に弱かったものの、ご家族から「練習すれば大丈夫だと思います」との返事をいただいたため、

吸入後のうがいとその意義についてご理解いただき経過を観察することとしました。

 

翌日、お電話で使用状況等を確認したところ、ご家族から「しばらく続けてみます」とのお返事をいただいたので使用できているものと思っていましたが、

数日後に訪問看護師さんから「DPIのメモリの残数が日数以上に残っている」との連絡がありました。

再度訪問させていただいて、ご家族とお話をさせていただいたところ、喘息の発作がなかったため毎日使っていなかったとのことでした。

 

こちらが意図した行動に繋げるためのコミュニケーションには5つの段階があります。

 

1.Said≠Heard(こちらの話がただ聞こえている段階)

2.Heard≠Listened(こちらの話を聴いている段階)

3.Listened≠Understood(話の内容を理解する段階)

4.Understood≠Agreed(話の内容を理解して納得する段階)

5.Agreed≠Convinced(納得して行動に移す段階)

 

今回の場合は4つ目の納得する段階で止まっていたようです。

私の意識が薬の吸入がしっかりできるかに向いてしまい、なぜこの薬が必要であるかの説明が

不十分だったとことが原因だと思います。

今後は患者さん、ご家族の立場になって医師の処方意図をしっかり伝えることを意識していきます。

 

 

<ユニバーサルグループ株式会社>
―生きるを支える 夢を支える―
株式会社ユニバーサルコーポレーション

・ハート調剤薬局 岐阜市長旗町2丁目10-1 ☎ 058-242-9822
・しま調剤薬局 岐阜市西中島7丁目5-12 ☎058-213-7730
・ライフ在宅支援薬局 岐阜市福光南町12-15 ☎ 058-231-1211
・千手堂薬局 岐阜市千手堂中町1-8 ☎ 058-253-1212
・ユウ薬局 岐阜市長良校前町4-8-3 ☎ 058-294-7791
・さるぼぼ薬局 下呂市萩原町羽根41-2 ☎0576-52-2134
・花池調剤薬局 下呂市萩原町花池19-6 ☎0576-52-3303
・ほんまち薬局 下呂市萩原町萩原1351-1 ☎0576-52-3730
・きらきら薬局 高山市七日町2-232-7 ☎0577-62-9182
・おんさい薬局 美濃加茂市西町5-337-2 ☎0574-49-7037
・土岐いずみ薬局 土岐市泉町久尻480-25 ☎0572-56-0170
・かじのき薬局 鹿児島県姶良市加治木町仮屋町2-1 ☎0995-73-7390
株式会社ファームコーポレーション

株式会社薬食同源研究所

・下呂萩原ICHIGOYA

アイコン

MENU

アイコン
アイコン

▶ユニバーサルコーポレーション キャリア診断

joinus
エントリー 募集要項 研修制度 福利厚生 職場環境 pagetop
  • ENTRY
  • メール